運営方針

 利用者の意志及び人格を尊重し、利用者の心身の状況、その置かれている環境などに応じて、利用者の選択に基づき適切な保健医療サービスおよび福祉サービスが総合的かつ効率的に提供され、利用者が可能な限り、その有する能力に応じた自立した日常生活を営むことができるよう援助していくことを目的に行います。

サービス内容

  ご契約者のご家族を訪問して、ご契約者の心身の状況、置かれている環境などを把握した上で、居宅介護サービス及びその他の必要な保健医療サービス、福祉サービス(以下「指定居宅サービス等」という)が総合的かつ効率的に提供されるように把握して、居宅サービス計画を作成します

@居宅サービス計画の作成

A居宅サービス計画作成後の便且の供与

・ご契約者及びその家族など、指定居宅サービス事業者などとの連絡を行い、居宅サービス計画の実施状況を把握します。

・居宅サービス計画の目標に沿ってサービスが提供されるよう指定居宅サービス事業者などとの連絡調整を行います。

・ご契約者の意思を踏まえて、要介護認定の更新申請などに必要な援助を行います。




B居宅サービス計画の変更

 ご契約者が居宅サービス計画の変更を希望した場合、または事業者が居宅サービス計画の変更が必要と判断した場合は、事業者とご契約者双方の合意に基づき、居宅サービス計画を変更します。

C介護保険施設への紹介

 ご契約者が居宅において日常生活を営むことが困難となったと認められる場合又は利用者が介護保険施設への入院又は入所を希望する場合には、介護保険施設への紹介その他便且の提供を行います。